作業現場で役に立つ!熱中症の基礎知識と対策 - 安全標識、安全用品、安全工事看板の「つくし工房」


  • Tel 03-3977-3333
  • Fax 03-3938-3288
電話受付   9:00~17:00 (平日) 9:00~11:00 (第一週土曜日)

コラム

工事現場での作業中、多くの危険が潜んでいます。 少しの油断から、大きな怪我や命にかかわる事態になってしまうことも少なくありません。 特に、クレーンやブルドーザーなどの重機での作業では、大きな事故につながることが多いです。 万が一のことにならないようにするためにも、安全対策は入念にするべきです。 重機での作業の安全性を高めるための対策には、車両用装置の利用があります。 今まで確保できなかった安全性もカバーできる可能性があり、メリットは十分ありますので、導入を検討する価値はあります。 どのような場面で活用できるのか、具体的な場面を詳しく見ていきましょう。

安全に工事をするためにNETIS登録技術を使う企業も少なくありません。NETIS登録商品のひとつに車両限界検尺棒があります。これは車両の高さ制限3.8mを計測するためのポールです。

工事現場では危険が潜んでいるため、作業員や周囲の人の安全を守るために様々な工夫をしなければなりません。安全性を高める重機のひとつに、アーチ型重機接触防止措置があります。

工事現場ではクレーン作業が多いです。クレーンには安全装置類が取り付けられていますが、それだけでは完全に事故を防ぐことが難しいため、安全装置以外にも安全対策が欠かせません。

工事現場には様々な危険が潜んでいるため、安全対策が欠かせません。工事現場でよく発生する事故は、重機事故です。モニターを設置すると事故を未然に防ぐことが可能です。
 

工事現場は作業員の安全を確保するために安全支援システムを導入するなどの工夫が必要です。パノラマViewという安全支援システムがあります。パノラマViewの特徴を知っておきましょう。

建築や電気工事などは、高所での作業が多くなります。高所作業は平地での工事よりも事故の発生リスクが高まるため、安全対策が必要です。高所での工事ではパノラマHLがおすすめです。

工事現場では作業員の安全確保が大切です。特に重機と人による工事現場では、重機との接触事故が多いため、安全対策が必要になります。安全支援システムを導入し、未然に事故を防ぎましょう。

お探しの商品は見つかりましたか?

商品一覧に存在しない商品でも、ご要望に応じてカスタマイズでお作りいたします。
ご質問ご要望はなんでもお聞かせください。3営業日以内にご返信いたします!!

お電話でのお問い合わせ

TEL:03-3977-3333

9:00~17:00(平日)

9:00~11:00(第一週土曜日)

PAGE TOP